ICOとIPOの違いってなに??

ICOとIPOの違いってなに??

Coin-journalです。

さて、今回は「ICOとIPO」の違いについてご説明していきます。

最近、よく耳にするICO。これまでのIPOとはどのように異なるのか。
それぞれの基本知識やリスクについても踏まえながら、まとめていきます。

▼IPOとICOについて


◯IPOとは

まずはIPOの概念についても押さえておきましょう。
IPOとは、Initial Public Offeringの訳で、新規株式公開という意味です。

会社の株式を投資家に売り出して証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにする仕組みのことです。会社の株式を買ってもらうことは、資金調達の1つの手段として考えられています。

 

 

◯ICOとは

そして、仮想通貨による資金調達の方法こそがICOなのです。IPOに由来し、ICOは、Initial Coin Offeringと訳されます。
※仮想通貨の基礎知識はこちら

企業あるいはプロジェクトがトークン(または独自コイン)を発行し、仮想通貨取引所に上場させます。暗号通貨の投資家(一般の人でも購入可能)に買ってもらうことで資金調達をすることを指します。
※トークンや独自コインについてはこちら

仕組みとしては、クラウドファンディングをイメージしてもらえば、分かりやすいと思います。

 

◯ICOとIPOの共通点

違いを説明する前に、まずは共通点について押さえておきましょう。
共通点は以下のとおりです。

  • 不特定多数の出資者から資金を調達できる
  • 市場(あるいは取引所)に上場することで企業やプロジェクトの認知度を向上できる
  • より多くの出資者が集まれば、価値(価格)が上がる

 

▼ICOとIPOの違い


ipo vs ico

さて、ここからは違いについて説明していきます。
違いは以下のとおりです。

  • 金融商品の違い
  • 管理主体の違い
  • 投資目的以外の可能性

それでは1つずつみていきましょう。

 

◯金融商品の違い

ICOでは、仮想通貨を扱っているのに対し、IPOでは、株を扱っています。これは根本的な大きな違いです。

◯管理主体の違い

IPOでは、野村證券などの証券会社が主体として株を売り出し、監査をしていますが、ICOでは、証券会社のような管理の主体が存在していません。

そのため、証券会社など特定の金融機関でなく、どんな人でもICOで仮想通貨の資金を調達することができるのです。

また、IPOに関しては決められた一定の基準があるのに対し、ICOは事業者が自由にルールを作ることも可能です。

◯投資目的以外の可能性

トークンやコインは、投資や優待目的で購入する株式とは異なり、それ自体に、コントラクト機能をはじめとする様々な用途が与えられています。

たとえば、イーサリアム(ETH)という仮想通貨もICOによって上場した通貨です。イーサリアムは、スマートコントラクトと呼ばれる、通貨のやり取り時に条件として「契約」をデータとして上乗せできる機能を持っています。
これにより、不動産取引などの複雑な契約を一括で処理できるという実用性が担保され、一気に価格が高騰しました。

このように、様々な機能を通貨とミックスさせることで、発行するコイン自体にも新たな価値が持たせられます。

 

▼ICOを利用した詐欺が横行


ico scam

仮想通貨という市場は、ここ数年で劇的な急成長を遂げてきました。そのため、法的な面で言えば、まだまだルールが未整備なのも事実です。

IPOのように管理者がいなく、一定の基準もないため、ICOを利用した詐欺を行うことが可能なのです。
はなから成功させる気のないプロジェクトを掲げた事業者が、ICOで資金調達が終えて、さっさと逃げてしまうというリスクがあるのです。

ICOに参加する際は、こうしたリスクを想定していかなくてはなりません。

 

◯ICO詐欺の見分け方

さて、リスクに対応しろと言われても、どのように対応すれば良いのでしょうか。
ここではリスクの対処法についても触れておきます。

ICO詐欺を見分けるポイントは以下のとおりです。(あくまでも参考程度に。)

  1. bitcointalkで検索をかける
    仮想通貨の1次情報はbitcointalkという掲示板に集まります。そのため、グーグルなどで、「ico名 bitcointalk」と検索してみてください。もしなければ、詐欺と判断しても良いでしょう。
  2. 開発チームを確認する
    開発者の名前を検索してみて、しっかり実在する人物であれば安心です。もし架空の人物であれば、それはほぼ詐欺でしょう。
  3. ひたすら広告に出てくる
    これは結構危ないです。良いものは広告などしなくても、勝手に有名になっていますよね。FacebookでもICOの広告を禁止しましたが、やはり詐欺が多いのでしょう。
  4. 海外のICOなのに、言語が「英語」と「日本語」のみ
    本当に海外のICOであれば、英語の次は日本語を選ぶでしょうか。中国語などの他の言語もあれば別ですが。

これ以外にも見分け方はあるかもしれませんが、皆さんのICO参加に参考になれば幸いです。

 

まとめ


さて今回は、IPOとICOの解説から、その違い。そして、ICOにおけるリスクとその対処法について説明してきました。

「投資」という側面だけでなく、「その事業を応援する」や「理念に共感して募金する」という性質も兼ね備えています。ICOを通じて社会参加するという観点からも、今後のICOの可能性に期待しましょう。