【Bitcoin Cash】ビットコインキャッシュの特徴と将来性【BCH】

【Bitcoin Cash】ビットコインキャッシュの特徴と将来性【BCH】

Coin Agency (コインエージェンシー)です。

 

今回はビットコインキャッシュの解説です。

ビットコインキャッシュはビットコインの取引量が増え、その量に処理スピードが追いつかなくなったため分裂させてより早く取引が処理できるように作られました。

さてビットコインとの違いはなんなのでしょうか?

 

▼ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash / BCH)の基本情報


ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインがハードフォークして誕生しました。
基となるビットコインと根本的な性質は似ていますが、決済通貨としての性能はビットコインを上回っています。

※ハードフォークとは
ハードフォークとは、仮想通貨のルールを変更する時に旧ルールを無かった事とし、ルールを新たに適用することで旧ルールの互換性が無くし新しい通貨を作り出す事です。簡単にいうと通貨を更新するのではなく、新しい仕様の通貨を生み出すようなイメージです。

 

【基本情報】

・名前:Bitcoin Cash / BCH (ビットコインキャッシュ)
・公開日:2017年8月
・発行上限枚数:21,000,000 BCH
・公式ツイッター:https://twitter.com/BITCOlNCASH
・公式サイト:https://twitter.com/BITCOlNCASH

 

▼ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash / BCH)の特徴


 

ビットコインキャッシュの特徴として3つが挙げられます。1つずつ詳しく説明していきます。

・ビットコインより処理速度が早い
・サイバー攻撃に強い
・マイニングの仕組みが違う

 

・ビットコインより処理速度が早い

ビットコインに比べ約8倍の処理スピードを誇ります。
ビットコインにはブロックサイズというものがあり、そのブロックに取引情報を格納し10分前後の承認作業をしたあとにようやく処理されます。
ビットコインのブロックサイズは1MBなのに対し、ビットコインキャッシュのブロックサイズは約8MBのためビットコインより早く取引の処理が可能となりました。

 

・サイバー攻撃に強い

ビットコインに比べサイバー攻撃の一種リプレイアタックのセキュリティが向上しています。
リプレイアタックというのは、特定の人物が送金したタイミングで第三者が同額のコインを送金しブロックチェーンを混乱させ、不正にコインの流失を狙う攻撃です。ビットコインキャッシュにはリプレイプロテクションが実装されています。

 

・マイニングの仕組みが違う

ビットコインキャッシュでは別なマイニングアルゴリズムが利用されています。このため、ビットコインと比べマイニングが比較的容易であり、マイナーが離れた際自動的にマイニングの難易度を調整するためビットコインよりマイニング技術に優れています。

 

▼ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash / BCH)の将来性


 

ビットコインキャッシュの将来性についてですが、ビットコインの欠点を解消している通貨のため今後ビットコインに代わる通貨になっていくのではという見方もあります。

ビットコインキャッシュはBitcoin.comを立ち上げたロジャー・ヴァー氏、世界最大のマイニング企業Bitmain社のCEOジハン・ウー氏など、熱烈な支持者に支えられております。

また、ロジャー・ヴァー氏はビットコインキャッシュこそ本物のビットコインだ」と述べており、今後の将来性が期待されています。

 

以上がビットコインキャッシュの解説です。

中でもロジャー・ヴァー氏の発言は興味深いですよね。