【セキュリティ】ビットコイン/ 仮想通貨のウォレットの種類と選び方

【セキュリティ】ビットコイン/ 仮想通貨のウォレットの種類と選び方

Coin Agency (コインエージェンシー)です。

今回は仮想通貨 / ビットコインを保管するウォレットについてです。
そもそもウォレットというのは財布という意味ですが、それが必要なのでしょうか?

Coin CheckのXEM (ネム)流失事件以降、必要性が叫ばれていますね。
こちらの事件の被害者の方はたくさんいるかと思いますが、取引所から

 

▼ウォレットってなに?


ウォレットとはその名の通り、ビットコインや仮想通貨を自分で保管するための財布です。
取引所で購入したビットコイン等の仮想通貨を管理することができます。銀行口座と同じく以下のような取引が可能です。

・残高照会
・送金
・着金

更に保管に適したウォレット持ち運び (決済など)に適したウォレットがあります。

 

▼コールドウォレット (ハードウェアウォレット / ペーパーウォレット)


 

コールドウォレットとはオフライン上で管理されるウォレットです。保管に適したウォレットとはこちらのウォレットの事。

・インターネットに繋がっていない。
・送金(電子署名)を行う秘密鍵がオフライン環境に保管されている。

というのが特徴です。

用途としては、自宅の金庫のような役割で多額のビットコイン / 仮想通貨を保管するのに用いられます。

 

代表的なのがハードウェアウォレットやペーパーウォレットです。

 

・ハードウェアウォレット

ネットの繋がっていない専用機械 (USBメモリのような形が多いです) にビットコインアドレスと秘密鍵 を保管するウォレットです。
仮想通貨 / ビットコインの出し入れの際以外はオフラインで管理するのでネットに繋げなければハッキングに合う心配はありません。

 

・ペーパーウォレット

このように紙にアドレスを印刷する事でビットコイン / 仮想通貨を保管します。
仮想通貨/ ビットコインはインターネットに繋いでやり取りするのでこのように印刷されていると一度ネットを繋いだ他のウォレットを利用して取り出さなくてはならないので保管に適しています。ただアドレスやQRコードのインクの掠れにより見えなくなる可能性もあります。

 

コールドウォレットはオフラインで管理するため支払いには向いておりませんが秘密鍵さえ見られなければハッキングに合う事は無いという特性をもつ保管に適したウォレットです。

 

▼ホットウォレット (モバイルウォレット / WEBウォレット)


 

ホットウォレットはオンライン上で管理されるウォレットを指します。持ち運びに便利なウォレットとはこの事。

・インターネットに繋がっている。
・いつでも入出金が可能。つまり送金(電子署名)が即座に行える。

用途としては、お手持ちの財布のような役割で決済や送受信など動きがあるビットコイン / 仮想通貨の保管に用いられます。

代表的なのがモバイルウォレットやWEBウォレットです。

 

・モバイルウォレット

スマートフォンでアプリをインストールし、秘密鍵を発行し自身で管理するウォレットです。持ち運びの便利さから人気が高まっていますが、自身でログインパスなどを管理するため不正ログインやウィルスを自身で防ぐ必要があります。

・WEBウォレット

ウェブウォレットはネット上のサイトへの登録制で、具体的には取引所などがあげられます。セキュリティ対策はサイト運営者に行うので、信用できるサイトを選ぶ必要があります。また、こちらもログインPASS / IDなどのセキュリティを自身でしっかり管理しないと不正ログインの可能性があります。

 

ホットウォレットはオンラインで管理するため保管には向いておりません。ただ、オフラインに常につなげていますので送受金の手間が省け、決済など動きがあるビットコイン / 仮想通貨の保管には向いています。

 

▼どちらで保管するのがベストなのか?


さて、どちらで保管するのがベストなのでしょう。

各解説に記したように、性質としては金庫 (コールドウォレット)財布 (ホットウォレット)をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

資産として残しておくコインに関しては、貯金と同じように金庫であるコールドウォレットに。

決済や投資を行うコインはすぐに送受信が可能なホットウォレットに。

というのが1番良いでしょう。

 

また、コインチェックにて資産運用していた方の中には、「中長期保有目的のコインに関しては自身のウォレットにうつしていた」人は被害を免れています。
つまり、今回のケースはホットウォレットからホットウォレットに移しただけですが、ウォレットの管理責任の所在を自分自身に移しておく事で被害を免れたということです。

このように、自分が資産を預けているところは信用にたる会社や運営なのかをきちんと把握しておく必要もあります。

 

以上がビットコイン / 仮想通貨のウォレットについてでした。