初心者でも分かる【アルトコイン】基礎知識

初心者でも分かる【アルトコイン】基礎知識

Coin Agency (コインエージェンシー)です。

現在ビットコインが大いに話題になっています。

仮想通貨の代名詞とも言えるビットコインですが、他にも様々な仮想通貨が存在しています。
その数は1300種類以上とも言われ、日々新しい仮想通貨が生まれています。

その通貨の中には、急騰や暴落を繰り返し成長していく通貨もありますし、多くの人がその将来性を見込めず価値がつかなくなったものもあります。

 

これから仮想通貨の資産運用を始めたいと思っている方向けについて解説していきます。

 

▼アルトコイン (オルトコイン)とは?


アルトコイン (オルトコイン)とは、ビットコイン以外の暗号通貨/ 仮想通貨の総称であり特定のコインのことを指しているわけではありません。「alternative coin」の略で直訳すると代替コインという意味を持ちます。
先日コインチェックの流失でも話題になったXEM(ネム)も人気のアルトコインの1つです。

 

 

アルトコインの誕生の背景にはいくつかの理由があります。

・ビットコインの欠点を補うため

・ビットコインに出来ない事を実現するため

・何かに特化したものの手段のため

etc…

冒頭にもお伝えしましたが現在1300種類以上のアルトコインが存在し、仮想通貨の設計図であるソースコードの違いによりそれぞれ異なった特徴を持ちます。

 

 

▼アルトコインの必要性


現在各国が発行している通貨の価値や姿形が違うように、アルトコインにもそれぞれ特徴があります。

具体例を挙げると

・送金速度を追求したコイン

・匿名性に特化したコイン

・投資商品としての価値があるもの

特に時価総額や実用性に優れたコインは投資家にとって、仮想通貨の投資へのリスク分散にも繋がります。

 

通貨としての信頼を充分に獲得しているビットコインですが、新たな問題が指摘されています。

一部で指摘されていましたが、ビットコインのマイニングに必要な電力が日々増大しています。その他様々なビットコインの将来を大きく変える可能性があります。

ビットコインの通貨革命が失敗したり、遅れてしまうと現在の市場シェアは崩れ、もしかしたら一部のアルトコインがその問題を解消し、ビットコインに代わる仮想通貨になるかもしれません。

 

▼アルトコイン投資のリスク


このWEBサイトをご覧頂いている方のほとんどは「仮想通貨で資産運用をしたい!」と考えている方がほとんどでしょう。

その数1300種類以上とも言われているアルトコインですが、その全てを理解している人はいません。最近よく聞くのが、「〇〇コインは必ず上がる!」「このコインは暴落してもガチホ!」などといった言葉です。

1万円札が1万円分の価値があると保証しているのは日本という国です。
仮想通貨はどうでしょうか。人々が実生活やある特定の分野に良い影響を与える仮想通貨の価値はどんどん上がっていくことでしょう。つまり、仮想通貨はそのコインが持つ技術に担保されていると言ってもよいでしょう。

アルトコインに投資する際は周りの言葉に惑わされる事なく、自分自身でその通貨の技術価値をよく理解し、投資することが大切です。

 

 

以上がアルトコインに関する基礎知識です。

一般的に仮想通貨は現在投資という面にクローズアップされがちですがアルトコインよっては、社会に新たな価値を提供することができます。

 

世界中の技術者としては、仮想通貨技術は知的好奇心を刺激されるでしょう。今まで誰もできなかったことが、今、自分達の開発によって実現可能になろうとしているからです。

ビットコインに限らず、アルトコインにも注目してみてください。